HOME > 博物館広報 > イベントカレンダー


博物館イベントカレンダー(2016年11月17日更新)

11月

11月13日(日):『第34回芝山はにわ祭』雨天決行
第34回はにわ祭 11月13日(日)に第34回芝山はにわ祭が開催されます。
芝山はにわ祭は、毎年11月の第2日曜日に、町をあげて開催されるお祭りです。
きらびやかな衣装を身にまとった国造(くにのみやつこ)を筆頭に、かつての古代人たちが芝山町に降臨します。
時空を越えてよみがえる古代の祭礼や、巫女の舞、国造に仕える鎧をまとった武士らの行列、かがり火などもあり、新しい出会いと感動をお届け致します。

時空を超えいざ古代へ----ぜひ芝山町へ足をお運び下さい。

「産業祭」「文化祭」「商工まつり」も同時に開催されます。
(もちつき大会や青空市、植木市、ウルトラクイズ、大モチ投げ大会など)

当日は大変混雑が予想されますので、なるべく公共の交通機関のご利用をお願い致します。
また、交通整理のため会場近くの道路を封鎖する箇所もございますので、お車をご利用の方はお早めにお越し下さい。

詳細はこちらをご覧下さい第34回はにわ祭特設ページ

昨年開催されたはにわ祭の様子はこちら博物館のブログ

※終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。


10月14日(金)〜11月19日:『殿塚・姫塚古墳発掘60周年記念 甦る九十九里の埴輪群像 ー3D考古学の挑戦ー』
蘇る九十九里の埴輪群像 ■会期:2016年10月14日(金)〜11月19日(土)
■会場:會津八一記念博物館 1F 企画展示室
■時間:10:00〜17:00(入場は16:30まで)
※金曜のみ10:00〜18:00(入場は17:30まで)
■閉館日:日曜・祝日、11月4日(金)
■休日開館日:10月16(日)10:00〜16:00(入場は15:30まで)
※シンポジウムの開催に伴い企画展示室のみ開室
10月23日(日)、11月6日(日)
☆入館料無料☆


【開催趣旨】
殿塚古墳と姫塚古墳は、千葉県横芝光町に所在する中台古墳群に位置する古墳時代後期(6世紀中頃〜後半)の前方後円墳です。1956年に早稲田大学教育学部の故・滝口宏名誉教授の主導のもと、地域ぐるみで学術調査が実施され、姫塚古墳からは、日本最大級の人物埴輪を含む40個体以上もの形象埴輪群が列をなして検出されるなど、全国的な脚光を浴びました。この調査によって、当域の大型前方後円墳の構成や変遷を考えるうえで貴重な成果が得られました。そして、地域の方々の熱意にあと押しされて、両古墳は国指定史跡に、出土埴輪は千葉県指定有形文化財となり、地元の芝山町立芝山古墳・はにわ博物館、芝山はにわ博物館(芝山仁王尊 観音教寺)にて展示・活用されています。

早稲田大学文学部考古学研究室は、殿塚・姫塚古墳の学術調査を2011年から再開し、墳丘と周辺地形の再測量やGPR(レーダー探査)を実施してきました。また、近年は新たに、両古墳を含む九十九里地域の古墳から出土した埴輪の三次元計測を実施しています。殿塚・姫塚古墳の発掘60周年を記念する本展では、九十九里地域の人物埴輪にスポットをあて、三次元情報を活用した埴輪研究の現在を紹介します。人物埴輪の宝庫でありながら、意外に知られていない九十九里の人物埴輪の魅力と、次元を超えて表現されるさまざまな表情をご堪能ください。

企画展のチラシ(pdf:1.7MB)
詳細はこちらをご覧下さい會津八一記念博物館


休館日4・7・14・21・24・28日

12月


休館日5・12・19・26・29・30・31日
※年末年始は12月29日〜1月3日まで休館とさせていただきます。

☆印は、友の会行事です。



歴史年表ことば辞典

更新情報&お知らせ


イベントカレンダー


モバイルサイト


ミュージアムグッズ


刊行案内


ニュースリリース