HOME > 展示紹介 > 企画展

出土遺物巡回展「房総発掘物語」

◎展示期間:好評のうちに終了しました。ありがとうございました。

主催:(財)千葉県文化財センター、(財)千葉市教育振興財団埋蔵文化財調査センター、
(財)市原市文化財センター、(財)香取郡市文化財センター、(財)印旛郡市文化財センター
芝山町立芝山古墳はにわ博物館、他
後援:千葉県教育委員会、(財)千葉県社会教育施設管理財団、千葉県文化財法人連絡競技会


私たちが暮らしている千葉県は古くから
多くの人々がさまざまな歴史と文化をはぐくんできました。
これらの人々の生活の跡は今日では地中に埋もれ
"遺跡"となって残されているものもあり
発掘調査によって私たちの目の前に現れてきます
千葉県では年間500件以上の発掘調査が行われ
その成果を整理、分析すると古代の人びとが残した文化がよみがえってきます
今回は県内で発掘調査が行われた遺跡の中から注目される遺跡を選び
より多くの方々にご覧頂くため県内各地の博物館を展示会場として
「出土遺物巡回展」−房総発掘ものがたり―を企画いたしました
展示された考古資料の中から先人の生活や文化の一端にふれ
房総の歴史を実感していただければ幸いです。

展示遺跡 石器と石材

五本松NO,3遺跡 【鎌ヶ谷市】
手賀沼西岸に注ぐ大津川最上流右岸の台地上に所在する後期旧石器時代の遺跡です。

西根遺跡 【印西市】
印旛沼に注ぐ戸神川の川岸に沿い縄文時代後期の土器集中地点が7箇所見つかりました。

辺田1号墳 【市原市】
直径約32Mの円墳。房総では数少ない削開古墳の姿を紹介します。

一夜山遺跡群C地区 【佐原市】
利根川に注ぐ小河川を望む標高40Mの台地上にあり、縄文時代、奈良・平安時代の集落跡。

内野第1遺跡 【千葉市】
印旛沼に注ぐ勝田川西岸、標高20Mの台地上の遺跡です。

鹿島台遺跡A地区 【君津市】
弥生時代中期〜古墳時代後期にかけての再葬墓や方形周溝墓、古墳などが発見されました。

向台下平?・?遺跡 【成田市】
古墳時代〜平安時代の大集落が発見されました。

笹子城跡 【木更津市】
戦国時代の頃、里谷武田氏の城と伝えられています。

◎巡回展記念講演会
11月27日:午後1時30分
国立歴史民俗学博物館 杉山晋作先生

※講演会参加希望の方は電話にてお問い合わせ下さい
芝山町立芝山古墳・はにわ博物館 0479-77-1828
(電話受付時間:月曜日・祝祭日の翌日・年始年末を除く午前9時〜午後4時30分まで)

企画展やイベントは定期的に開催しとるぞ。他にも家族で参加できる歴史体感イベントもあるぞ。
イベントカレンダーを見る

展示紹介のページはこれで終わりです
はにわ祭のページへ

次のページへ

歴史年表ことば辞典
歴史年表ことば辞典

第1展示室


第2展示室


第3展示室
古墳から寺院へ
考古学研究所


展示品紹介


企画展
└しばやま鉄道ものがたり


学校教育関係者の皆様へ

学校教育関係者の皆様へ


このページを御覧になる為には
最新のFLASH PLAYERが必要です