HOME > 展示紹介 > [第三展示室]考古学研究所

●考古学研究所


●発掘

発掘は、地中に埋まっている過去を掘り起こします。同じ場所では、深い所の出土品は古く、浅い所からの出土品は新しいという出土位置、地層の確認と、一見すると同じような出土品のわずかな型式的変化を(自動車やパソコンの年式のように)、並べるために時間の変化や新旧を比べるための時間の物差しを作るため、膨大な資料の収集が必要です。それが発掘であり、考古学の基本作業です。


検出された石棺


発掘は、古代人がどのように生き、死んでいったかを明らかにすることじゃ。一度掘り出したものは、元に戻らないのだから、尊敬の気持ちを持って、慎重に掘っているのじゃよ。さて、次は芝山古墳はにわ博物館で見れる主な展示品を紹介するかの。

展示品紹介のページへ

次のページへ

歴史年表ことば辞典

第1展示室


第2展示室


第3展示室
古墳から寺院へ
考古学研究所


展示品紹介


企画展
└芝山町60年 発掘調査のあゆみ


学校教育関係者の皆様へ


このページを御覧になる為には
最新のFLASH PLAYERが必要です