HOME > 展示紹介 > [第三展示室]古墳から寺院へ

●古墳から寺院へ

●古墳から寺院へ

仏教が朝鮮半島の百済(くだら)から伝わると、大和政権内で、蘇我氏を中心とする仏教派(新しいものを受け入れようとする人々)と反仏教派(今までのものを大事にしていこうとする人々)の対立が激しくなります。蘇我氏が力をつけてくることによって、権力を示す記念物(モニュメント)としての古墳づくりから、寺院づくりへと関心がむかいます。
地方でも、大きな氏族は、一族のためのお寺(氏寺)をつくり、集落の中にも仏堂をたてたり、仏教の影響と思われる品物が発掘調査で出土しています。


仏像

芝山でも8世紀後半から仏教を受け入れお寺をつくったのじゃ。この仏像は、平安時代のはじめのものじゃよ。

2.考古学研究所のページへ

次のページへ

歴史年表ことば辞典

第1展示室


第2展示室


第3展示室
古墳から寺院へ
考古学研究所


展示品紹介


企画展
└芝山町60年 発掘調査のあゆみ


学校教育関係者の皆様へ


このページを御覧になる為には
最新のFLASH PLAYERが必要です