HOME > 展示紹介 > [第一展示室]古墳時代の流通

●古墳時代の流通

●古墳時代の流通

古墳時代は新しい技術と新しいくらしの道具により、人々のくらしぶりも大きく変わりました。鉄の馬具が普及し、最新の土木技術により、田畑の開拓が大規模に行われました。朝鮮半島からは、登り窯で1,000度以上もの温度で焼かれた須恵器という灰色のかたい焼物のつくりかたが伝わりました。高級な織物を織る技術や金属工芸技術も広まっていきました。塩や石などの交易もさかんに行われ、大きな物を運ぶのはもっぱら船で、川や海を利用したと思われます。

●東京湾岸の古墳と埴輪

千葉県内では約12,000基の古墳が確認されていますが、その半数以上は千葉市から富津市にかけての東京湾岸に集中してます。しかも古墳の発生期から最終末までの古墳時代全時期にわたって築かれました。また古墳時代の東海道では、当時の政治の中心であった、畿内大和の国から東の海づたいに、人や物が行き来しました。東京湾岸は、畿内文化を受け入れた房総の玄関口にあり、大和朝廷の結びつきも、千葉県内のどこよりも強く、畿内政権の影響を直接色濃く受けていました。そのため副葬品もきわめて少ない房総の古墳の中で、東京湾岸の古墳は畿内的文化が色濃く、金メッキされた「金銅製品」など畿内から伝わったと思われるものが多いのも特徴です。

100kmも離れた所から石や埴輪を運ぶのも大変じゃが、外国や大和から有名ブランド品を手に入れるのはチョー苦労するわい。

第2展示室へ

次のページへ

歴史年表ことば辞典

第1展示室

古墳ってなぁに
埴輪ってなぁに
埴輪の種類
小川台5号墳
朝日ノ岡古墳
山田・宝馬35号墳
埴輪列の意味(殿塚・姫塚)
古墳時代の流通


第2展示室


第3展示室


展示品紹介


企画展
└芝山町60年 発掘調査のあゆみ

学校教育関係者の皆様へ


このページを御覧になる為には
最新のFLASH PLAYERが必要です